高齢化社会の問題点

現在日本は、4人に1人が65歳以上の高齢者という高齢化社会ならず、超高齢化社会となっているそうです。今後年月が進むにつれ、世の中の高齢化の波はどんどん加速してゆくでしょう。

それによって起こりうる問題点としては、これまでは現役世代が高齢者層を支えてこれたものが、高齢者の比率が上がることにより、現役世代の負担が大きくなって、いずれは飽和もしくは支えきれない状況になってゆくことがあげられます。具体的な例としては、年金制度が今後崩壊してゆくといわれています。

問題は高齢者の増加だけにとどまりません。上記のような状況になることにより、現役世代に負担がのしかかり、次世代を担う子供を育ててゆく余力がなくなってゆくことが問題視されています。それは経済的な面だけでなく、高齢者を支えるという介護士の数が圧倒的に足りないようです。
結果少子化が進み、若年者層の人数はどんどん減ってゆくのに対して、医療の進歩その他要因により高齢者層の人数はどんどん増加してゆきます。よって人口全体に見た高齢者比率が増え、さらに高齢化社会が加速してゆくという減少が起こっています。

具体的な対策としては、働く意欲のある、社会参加意欲のある高齢者にどんどん雇用を生み出すこと、また企業も働く意欲がある方には定年退職年齢の引き上げを行うことが望ましいと思います。

現代日本は情報革命も進み、競争が激化した結果どの業界も飽和したといわれており、経済は成熟したといわれています。結果景気が悪くなり高齢者雇用にはネガティブな意見も多く聞かれるのが現状です。しかし長年培った経験と知識は、適材適所で活かせる環境さえあれば、十分に社会に還元できる価値のある人材だと思います。需要と供給のバランスさえ取れれば、結果現役世代の社会保障費の軽減や、高齢者の社会的孤立問題や、生きがいやりがいの創出にもつながると思います。

やはり年齢制限などの従来の社会のシステムを変革し、雇用を生み出せる、働く機会を提供できる社会の姿勢が、あらゆる超高齢化社会の問題を解決する糸口となるのではないでしょうか。

Leave a Comment

Filed under 高齢化社会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>