高齢化社会に備えてやるべきことを探す

高齢化社会がくるくるといわれているため、これから高齢になる世代も高齢になる親を抱える世代も覚悟と準備が必要になってきています。高齢化とあわせて少子化の影響もあり、高齢者を面倒をみる子供の数も少ないままです。では、来るべき高齢化社会に向けて、実際にはどんな準備ができるのでしょうか。

まず、高齢になる者としては、自分の身の振り方を考えなければなりません。
どこに住むか、誰の世話になるのか、お金はどのくらい必要なのか、死後の処理は誰がしてくれるのかなどです。年金があるひとは、ファイナンシャルプランナーとも相談して元気なうちに年金の計算をしておくべきですし、資産があるならその使い道を計画しておくべきでしょう。

高齢になり、生活もどんどん変わっていくのですから、たとえば株式投資をしてさらに儲けていこうと計画するのはあまり現実的ではありません。判断力が低下したときのことも考えて、後見人の指定をしておくことや遺言を書いておくことも有益です。実際にどこに住むかも、なるべく早いうちに決めてしまったほうが楽になります。というのも、やはり高齢になってから家の建て替えや引越しをすることは精神的な負担になるからです。

まだ気力と体力があり、お金の判断ができるうちにリフォームや引越しをするのがよいのです。身辺整理もついでにしてしまいましょう。動くのが大変になるのを見越して、2階にある荷物から処分していくべきでしょう。具体的に現実的に自分が高齢になったことを想像して、快適な住環境を早いうちから整え、その生活に慣れることが必要なのです。

一方、高齢者を抱えることになる子供や家族も早いうちから対策を立てることが大切です。とくにお金の問題は後々もめる原因にもなりますので、早いうちに財産の把握や遺言を書いてもらうのがよいでしょう。また、延命治療や介護施設への入居など本人の希望を何度も何度も確認しておきましょう。高齢になってからでは本人が適切な判断をすることができなくなってしまうからです。

高齢化社会といっても、必ずしも悲観するべきではありません。適切に心と環境の準備をしておけば、高齢者もその家族も満足がいく人生を作ることは可能なのです。早めの準備が大切です。”

Leave a Comment

Filed under 高齢化社会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>