高齢化社会について

高齢化社会とは、65歳以上の老年人口が、総人口に占める割合がおおむね増大した社会のことを指して言います。

人間の社会は、ある一定の環境が継続していくにつれて、ある一定の領域にに生活している人口の数をを養っていくための能力に限界が訪れてきます。

そして、この人口を養う能力が限界に達し、一定の時間が経過していきますと、必ず高齢化というものが顕在化してくるようになります。そして特に、高度に社会福祉制度が発達した国においては、その負担に応じるための労働人口が増大していくスピードよりも、現実にある高齢化のスピードが上回っていくために、ますます高齢化が進むことになります。

さらに、少子化が進行して、ますます高齢化を助長していくという事になっていく場合が多くなります。このように少子化も進行することにより、必ずしも同時並行的に進む訳ではありませんが、年金や医療や福祉といった財政面での様々な問題が生じるようになるため、少子高齢化というような一括りにすることが多いようです。

日本における高齢化に目を向けてみたいと思います。国勢調査の結果、1970年(昭和45年)調査(7.1%)で高齢化社会に突入したことが、判明しております。

そして、2007年(平成19年)には、(21.5%)となり、超高齢社会を迎えることになりました。そして、日本は、平均寿命・高齢者の数・そして高齢化のスピードという三つの点において、世界一の高齢化社会といえる訳です。

そして、更に驚くことに、総務省が発表した2013年9月15日時点の推計人口によりますと、65歳以上の人口は3186万人となり、総人口に占める割合は25.0%と過去最高を更新し、ついに、人口の4人に1人が高齢者になりました。

高齢化社会に伴って介護のニーズも増え来ているのですが、実は日本ではまだまだ介護士が足りない状況です。
多くの福祉系企業が介護の求人サイトを運営しておりますので、少しでも介護系のお仕事に興味がある方は相談してみては如何でしょうか?

日本の少子高齢化の原因は、出生数が減り平均寿命が延びて高齢者が増えている為と言われております。日本の総人口は今後長期的に減少していのに反して、高齢者人口は増加を続け、2042年に、3878万人でピークを迎えると推計されております。

Leave a Comment

Filed under 高齢化社会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>