高齢化社会における私的の考え

“最近は晩婚化も多く高齢出産も多いですね。なので最近は、昔ながらの おじいちゃん おばあちゃんと言われる65歳以上の方々も若く見える気がします。高齢化出産や晩婚化も、40歳くらいまでは独身でいいとか、結婚してしまうともう恋愛できないから30歳までは本当に必要な人と出会うまでお相手を探すという方も多いのではと思います。

これにより将来は、年齢を重ねてからの出産を危惧して、子供を産む率がグンと下がると思うんです。なので新しい時代の子供達こそ今迄より極端に少なくなりますが、今の世代の若い人が何十年もしたら65歳以上になるのは必須です。介護施設をより充実させることはもちろん必須でありますが、最近の若者は一昔前に比べたらゆとり教育や、昔の農作業とか工業など体験してる人が少ないのは間違いありません。

いいえ、これは私が外仕事などで実際に、60歳前後の方々が言ってました。それにより昔よりハードな仕事に耐えれる力や粘り強さがどうしても昔よりない人が多くなるのは間違いありませんね。

そればかりか、今は、哲学とか心理学のような深く感銘うける本も読む人が少なくなりました。最近の若者を見るとスマホいじったりゲームしたり メンタルも肉体も草食系男子女子の特質は見られていると思うんです。なので、遊びとかゆとりで本も読まない、大学も容易に入れる、そんな現在の子供が何十年かたった時は認知症の方々があふれてしまうのではないかと危惧してます。まだまだ見直しはできると思うんです。ゆとり教育こそ、継続させて良いのですが、教育の方針とか魂を鍛える授業、もっと増やし、読書させる授業も、もう少し増やして行けば将来的には認知症とか想像以上には防げるのではないかと思うんです。

アンチエイジングの授業とかあったら楽しいですね。頭と外見と肉体を将来的にも若々しく保つための授業です。その授業を取り入れていけば、新しい子供達は、高齢になっても必然的にアンチエイジング授業で学んだことを反芻して取り入れ、身体も頭脳も見た目も若々しく見えるスーパー高齢化社会が始まるのだと思います。何か間違いでもありますか?

今はこういうアンチエイジングの授業がないゆえに、何も変わらない介護論と施設しかないのです。身体、頭脳、アンチエイジング技を楽しく習得させる勉強こそ今は必要な時代だと思います。楽しんで学んだことは何十年経っても忘れません。習った事だけに思い出せるかなと思うんです。”

Leave a Comment

Filed under 高齢化社会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>