お年寄りにも社会性をつけてほしいです

都市部に住んでいますが、高齢化社会の真っただ中にいます。というのは、住んでいるところが、大変な高齢化の進んだところなのです。高度成長時代に活躍された方達がお住いの土地で、人の出入りがありません。それでも、最近は新しい住宅が建ち、住民が増えています。しかし、ここに困った問題があります。

御老人の中には、健康のため、毎朝、ご夫婦でウォーキングをされ、体を鍛えられていたり、犬の散歩を欠かさずしている方も多いです。しかし、健康に住んでおられるのもご夫婦だけで、活力のある大人がいません。お子様たちが、この土地を嫌って、出て行ってしまっているのです。お隣の奥様の息子様たちは、「二度とここには住まない」とおっしゃっているそうです。それだけ、厳しい世界だそうです。悪い地域だということです。私も初めのうちはそれが分からずに、住んでいますが、全くおっしゃる通りだということがわかりました。

住んでいる地域でも、200メートル離れたほかのところなら、生活もしやすいそうです。お年寄りたちの生き方に左右されます。田舎では考えられません。

田舎のお年寄りたちは、ある程度の頼りになる存在です。しかし、私の住まう地域のおじいさんたちは、自分の人生の悲しみなのか、社会に貢献するというよりは、いまだに、よそ者を虐げるという方法をとっています。これでは、だれも入ってはきません。自分には、孫がいないので、道行く少ない小学生を威嚇したりします。70代の方のようです。

老人の教育が必要です。というよりも、家族が一緒に住んでいるので、家族力が必要です。

家族がほったらかしなのです。老人の器が育っていないと、町は、若い人が入ることができません。

警察も、地域の人だから仕方がないといいますが、老人の見方ばかりしないで、若い人がどれほど怖がっているのか知ってほしいです。

Leave a Comment

Filed under 問題点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>