少子高齢化

高齢社会②

少子高齢化社会が進んでいる日本では、年金を受け取る高齢者が年々増加する一方、新たに年金に加入する人口が激減してしまっています。
年金加入者が少ないということは、要するに年金の財源が確保できないということと同じ意味で、
支給を待つ人数が多いにも関わらず財源がないということになれば、年金制度は破綻の一途をたどってしまいます。
また、財源確保が急務とされているのは年金だけではありません。医療費や介護保険費についても同じことです。
高齢者になるとどうしても医療や介護に頼ることが増え、高齢者数が急増している現在は、その分の医療費や介護保険費の増大と財源確保も問題になっているのです。

さらに、日本は借金大国と言われていて、総債務残高は1000兆円を突破し、世界でも第1位となっているほどです。
年々増加するこの借金に対しての効果的な解決策は、まだ決定的な案は見つかっていませんが、それは少子高齢化とも深い関わりがあります。
そもそも、日本における借金は政府が企業や国民個人に対して『国債』を発行して賄っています。つまり、国債の代金がそのまま政府への貸付金になるということです。
しかし、少子高齢化社会が進み、働く世代は減少しています。働く人数が減ってしまえば、国内総生産の減少にもつながっていくことでしょう。
そうなると、お金を生み出せないにも関わらず借金だけが増えていく状態が続いてしまいます。
働く世代が増えればそれだけ労働力も増し、今のままでは、日本が抱える借金を減らすどころか、現状維持すら難しい状況と言えるのではないでしょうか。

そして、少子高齢化対策として、不妊治療に対する支援の改善も効果的だと思われます。
女性の卵子は30歳を境に老化が始まるとされていますが、それに昨今の晩婚化が重なることで不妊になるとも考えられています。
出生率を上げるためには、不妊治療にかかる費用負担を軽くする仕組み作りも必要です。また、少子化が進む大きな原因となっているのが、女性の社会進出です。
日本経済が不安定になればなるほど共働きする夫婦は増えます。
しかし、保育施設拡充の遅れや子育てしながら働く女性への理解の乏しさといった負担を考え、あえて子どもを作らない夫婦も多いと言われています。
社会全体に産休や育休の制度を広く浸透させるなど、子育てをする女性が働く環境を整えることは不可欠です。
また、それだけでなく企業が積極的に実績を残す努力をすることも必要ではないでしょうか。

Leave a Comment

Filed under 高齢化社会

高齢社会対策について

高齢社会①

少子化に拍車がかかっていることに加えて、4人に1人が65歳以上の高齢社会に突入してしまった日本は、両方に向けた対策をおこなうことが急務となっています。
各都道府県も議会では様々な案が挙がっていますが、そのうちの1つをご紹介したいと思います。

大阪府の有識者検討会は、高齢化対策の中長期指針である「高齢社会対策大綱」の改定に向けた報告書をまとめているそうです。
社会保障制度など、65歳以上を一律に「支えられる人」とする社会の仕組みを改め、意欲と能力のある65歳以上の人は弱者を支える側に回るよう提起したものです。
政府は報告書をもとにも新しい大綱を閣議決定するよていだそうです。
報告書は内閣府の「高齢社会対策の基本的あり方等に関する検討会」がまとめ、首相が高齢社会大綱の改定を指示したのを踏まえ、新しい大綱の骨格になるといえるでしょう。
もし、決定すれば大綱の改定は2001年以来11年ぶりとなる予定だそうです。

また、少子高齢化をにらみ、「高齢者」の定義の見直しを提起しており、年金の支給開始など各種の制度や統計が65歳以上を「高齢者」と位置付けていますが、
総人口に占める65歳以上の割合は10年の23%から55年に約4割に高まっています。
それは、年々重くなる現役世代の負担をやわらげるため、高齢者像の再考が必要とされているのだと思われます。
報告書は長寿化で65歳以上でも元気で働く人が増えていることを踏まえて、「高齢者は多様で、65歳以上を年齢で一律にくくるのは無理が生じている」と指摘され、
社会保障の世代間格差が拡大しないよう、意欲と能力がある65歳以上は自立し、支え手に回るよう求めた。
年金、介護など社会保障の中長期的な制度設計に影響する可能性がある。
高齢者ができるだけ自立し、尊厳を持って生活を送れるよう、地域の人々や友人など顔の見える範囲で助け合う「互助」を再構築する必要性も強調した。
平均寿命の伸長で「人生90年時代」が迫っていることに備えるため、耐久性が高い住宅や中古住宅市場の整備、高齢者が 利用しやすい情報機器の普及などに取り組むよう求めた。

Leave a Comment

Filed under 対策

高齢化社会について

高齢化社会とは、65歳以上の老年人口が、総人口に占める割合がおおむね増大した社会のことを指して言います。

人間の社会は、ある一定の環境が継続していくにつれて、ある一定の領域にに生活している人口の数をを養っていくための能力に限界が訪れてきます。

そして、この人口を養う能力が限界に達し、一定の時間が経過していきますと、必ず高齢化というものが顕在化してくるようになります。そして特に、高度に社会福祉制度が発達した国においては、その負担に応じるための労働人口が増大していくスピードよりも、現実にある高齢化のスピードが上回っていくために、ますます高齢化が進むことになります。

さらに、少子化が進行して、ますます高齢化を助長していくという事になっていく場合が多くなります。このように少子化も進行することにより、必ずしも同時並行的に進む訳ではありませんが、年金や医療や福祉といった財政面での様々な問題が生じるようになるため、少子高齢化というような一括りにすることが多いようです。

日本における高齢化に目を向けてみたいと思います。国勢調査の結果、1970年(昭和45年)調査(7.1%)で高齢化社会に突入したことが、判明しております。

そして、2007年(平成19年)には、(21.5%)となり、超高齢社会を迎えることになりました。そして、日本は、平均寿命・高齢者の数・そして高齢化のスピードという三つの点において、世界一の高齢化社会といえる訳です。

そして、更に驚くことに、総務省が発表した2013年9月15日時点の推計人口によりますと、65歳以上の人口は3186万人となり、総人口に占める割合は25.0%と過去最高を更新し、ついに、人口の4人に1人が高齢者になりました。

高齢化社会に伴って介護のニーズも増え来ているのですが、実は日本ではまだまだ介護士が足りない状況です。
多くの福祉系企業が介護の求人サイトを運営しておりますので、少しでも介護系のお仕事に興味がある方は相談してみては如何でしょうか?

日本の少子高齢化の原因は、出生数が減り平均寿命が延びて高齢者が増えている為と言われております。日本の総人口は今後長期的に減少していのに反して、高齢者人口は増加を続け、2042年に、3878万人でピークを迎えると推計されております。

Leave a Comment

Filed under 高齢化社会

高齢化社会における私的の考え

“最近は晩婚化も多く高齢出産も多いですね。なので最近は、昔ながらの おじいちゃん おばあちゃんと言われる65歳以上の方々も若く見える気がします。高齢化出産や晩婚化も、40歳くらいまでは独身でいいとか、結婚してしまうともう恋愛できないから30歳までは本当に必要な人と出会うまでお相手を探すという方も多いのではと思います。

これにより将来は、年齢を重ねてからの出産を危惧して、子供を産む率がグンと下がると思うんです。なので新しい時代の子供達こそ今迄より極端に少なくなりますが、今の世代の若い人が何十年もしたら65歳以上になるのは必須です。介護施設をより充実させることはもちろん必須でありますが、最近の若者は一昔前に比べたらゆとり教育や、昔の農作業とか工業など体験してる人が少ないのは間違いありません。

いいえ、これは私が外仕事などで実際に、60歳前後の方々が言ってました。それにより昔よりハードな仕事に耐えれる力や粘り強さがどうしても昔よりない人が多くなるのは間違いありませんね。

そればかりか、今は、哲学とか心理学のような深く感銘うける本も読む人が少なくなりました。最近の若者を見るとスマホいじったりゲームしたり メンタルも肉体も草食系男子女子の特質は見られていると思うんです。なので、遊びとかゆとりで本も読まない、大学も容易に入れる、そんな現在の子供が何十年かたった時は認知症の方々があふれてしまうのではないかと危惧してます。まだまだ見直しはできると思うんです。ゆとり教育こそ、継続させて良いのですが、教育の方針とか魂を鍛える授業、もっと増やし、読書させる授業も、もう少し増やして行けば将来的には認知症とか想像以上には防げるのではないかと思うんです。

アンチエイジングの授業とかあったら楽しいですね。頭と外見と肉体を将来的にも若々しく保つための授業です。その授業を取り入れていけば、新しい子供達は、高齢になっても必然的にアンチエイジング授業で学んだことを反芻して取り入れ、身体も頭脳も見た目も若々しく見えるスーパー高齢化社会が始まるのだと思います。何か間違いでもありますか?

今はこういうアンチエイジングの授業がないゆえに、何も変わらない介護論と施設しかないのです。身体、頭脳、アンチエイジング技を楽しく習得させる勉強こそ今は必要な時代だと思います。楽しんで学んだことは何十年経っても忘れません。習った事だけに思い出せるかなと思うんです。”

Leave a Comment

Filed under 高齢化社会

高齢化社会の問題点

現在日本は、4人に1人が65歳以上の高齢者という高齢化社会ならず、超高齢化社会となっているそうです。今後年月が進むにつれ、世の中の高齢化の波はどんどん加速してゆくでしょう。

それによって起こりうる問題点としては、これまでは現役世代が高齢者層を支えてこれたものが、高齢者の比率が上がることにより、現役世代の負担が大きくなって、いずれは飽和もしくは支えきれない状況になってゆくことがあげられます。具体的な例としては、年金制度が今後崩壊してゆくといわれています。

問題は高齢者の増加だけにとどまりません。上記のような状況になることにより、現役世代に負担がのしかかり、次世代を担う子供を育ててゆく余力がなくなってゆくことが問題視されています。それは経済的な面だけでなく、高齢者を支えるという介護士の数が圧倒的に足りないようです。
結果少子化が進み、若年者層の人数はどんどん減ってゆくのに対して、医療の進歩その他要因により高齢者層の人数はどんどん増加してゆきます。よって人口全体に見た高齢者比率が増え、さらに高齢化社会が加速してゆくという減少が起こっています。

具体的な対策としては、働く意欲のある、社会参加意欲のある高齢者にどんどん雇用を生み出すこと、また企業も働く意欲がある方には定年退職年齢の引き上げを行うことが望ましいと思います。

現代日本は情報革命も進み、競争が激化した結果どの業界も飽和したといわれており、経済は成熟したといわれています。結果景気が悪くなり高齢者雇用にはネガティブな意見も多く聞かれるのが現状です。しかし長年培った経験と知識は、適材適所で活かせる環境さえあれば、十分に社会に還元できる価値のある人材だと思います。需要と供給のバランスさえ取れれば、結果現役世代の社会保障費の軽減や、高齢者の社会的孤立問題や、生きがいやりがいの創出にもつながると思います。

やはり年齢制限などの従来の社会のシステムを変革し、雇用を生み出せる、働く機会を提供できる社会の姿勢が、あらゆる超高齢化社会の問題を解決する糸口となるのではないでしょうか。

Leave a Comment

Filed under 高齢化社会

高齢化社会が急速に進んでいます。

高齢化社会とは、総人口のうち65歳以上の人が増えていく社会の事を言います。今現在は5人に1人は高齢者と言われています。

あちらこちらに老人ホームやケアセンターなどがある中、それでも介護施設が不足し、ヘルパーや介護士などの人手が足りなくなっているという状況です。老人ホームや保育園でもそうですが施設が少ないため、空くのを待機してる人が多いです。

施設を増やしたとしても、次に課題となるのは人手となります。介護の求人サイト
などを見ても分かりますが、かなりの人手不足が続いています。
今では老々介護をよく見かけます。老人が老人を見るという状況です。

晩婚化や少子化が進み、ますます高齢化社会も進んでいきます。

高齢化社会の対策として、マンション型の老人ホームなどが増えて来ています。お手頃な価格とは言えませんが、何かあった時にはヘルパーさんなどが駆けつけてくれるようになっています。日本の高齢化社会は海外よりも急速に進んでいるようです。

バスに乗るとほとんどの人が高齢者です。どこに行くにしても高齢化社会を感じとる事が出来るのです。

今の30代が生まれたバブル時代には逆にベビーブームがあり、少子化ではありませんでした。現在では、子供を1人しか産まない人が多くなっています。そこで考えたのが児童手当てや幼稚園や保育園の利用料を減らす取り組みなのです。地域によってはてはされてない所もありますが、そうする事により少子化を減らす事が出来ます。

高齢化社会にはもうひとつの原因が寿命です。寿命が伸びて長生きされる方が多い為だと言われています。それでメカニズムがわかります。

子供1人しか産まない→少子化→寿命が伸びる→高齢化です。

高齢化はこの先数十年もずっと進んでいきます。5人に1人だったのが4人に1人となります。

どんどん進むと、もしかしたら子育てと介護を一緒にしないといけなくなる日が来るのではないかと思われます。

そうなると次には介護者の疲労が心配される事でしょう。ますますこういった課題が増えて行く事でしょう。

Leave a Comment

Filed under 高齢化社会

日本の高齢化対策はこれで良いのでしょうか

今、色んなテレビ番組でも、高齢者の活躍を紹介して、高齢者よ、頑張れ!的な報道がされています。
確かに、医療も進み、毎日、歩いたり、健康の為と称して、体操に励んだりして、自分の余時間を利用しての行動をしている人も少なくはありません。

仕事的にも、60歳の定年から、65歳までの勤務可能にもなった企業は多く、地方の過疎地でも、町お越しがブームになって、自分達が摘んだ柿や桜の葉が、料亭で高額に購入されて、年金以外の収入を得る事に喜びを見出しているご老人もいると聞いています。
その反面、行政は、高齢者から、年々、年金額を下げ、長寿日本の高齢者に、自分でなんとかしなさい。日本は赤字国ですからね。と言わんばかりの動きをしているようにも、感じます。
又、高齢者の自宅介護は、家族にとって、本当に大変だという事を体験した私にとっては、今度は自分と夫の番だと思うと、亡き父母達以上の、先行きの見えないトンネルのように思います。
父母の介護時代にでも、高齢者介護保険料の支払い額の多さに驚きましたが、支払い続けた結果、支払っていれば、本当に介護に苦しんだ時には、なんらかの手助けをしてもらえるのであればと信じていたからでしたが、結局、相談に足を運んでも、市内の介護施設を明記した紙を一枚頂いただけでした。
これが、高額の高齢者介護保険料を支払った結果かと、ショックと驚きで、空いた口が閉じる事はなかなか出来ずに終わりました。
そして、次は、夫の番がきています。
行政の決まりであるからと夫は支払い始めましたが、私は両親の時の対応がトラウマとなって、この支払いは、どぶに金銭を捨てているものだとの思いで夫の支払う行動を眺めています。
いざ、行政を頼りたいと思う時期は、要介護数が低い時なのです。要介護4程度になれば、本人は動く事も、たとえ、認知症になっていたとしても、大声でわめく事も、もう出来なくなっているので、残念な事ですが、家族の介護は、機械的に動く事で済まされるのです。
要介護の低い数字の人ほど、一人で動き、行方不明の大騒ぎにもなりますし、警察のお世話になる行動にもなる人が多く、認知症の多くは、大声で意味不明な言葉を発して、ご近所からのクレームで、自宅介護が難しくなり、介護する家族の疲労が頂点に達するのですが、行政は、要介護数を、もう再起不能の状態で、最期間近の人に多くつけて、施設を提供できるようなシステムを作り、家族の一番希望する時期は、施設の利用を拒む体制を引いています。

本当に国民が求めているものを、机上の論争ではなく、自分達の足で調査する行政を希望します。
高齢者が、高齢者介護保険を気持ちよく支払える日本の行政に改善して欲しいものです。

Leave a Comment

Filed under 対策

高齢化社会と少子化の問題点

我が国は昔は貧しく食べ物にも困る生活をしていました。
ですから平均寿命も長くはなく、長生きするお年寄りがあまりいませんでした。

ですが戦後急速に復興が進み、私たちの国は世界でも有数の先進国になる事が出来ました。
私たち国民も経済的に余裕が出来、食生活が改善し、更に医療の進歩なども食わわり、平均寿命が延びて行ったのです。

今では経済だけでなく、平均寿命でも世界有数になる事が出来、元気で長生きなさるお年寄りが増え、今では100歳を超えるお年寄りも珍しくはなくなって来ています。

人間誰しも長生きしたいと思っていますから、私たちの国ではその点では理想的な国になったと言えるのですが、とはいえ問題点が全くないかといえば、そうは言えないのです。

元気なお年寄りが増えたとはいえ、一般的に人は年を取ると体の機能が衰えますから、誰かのお世話が必要になります。
したがって長生きなさるお年寄りの人口が増えると共に、そのお年寄りをお世話する若者の人口も増えなくてはいけないのです。

しかし我が国は高齢化社会とは反比例して、少子化へ向かっており、これは未婚化が進んで結婚しない人が増加し、子供の人口は減りつつあるのです。

お年寄りが安心して老後を過ごすには、若者の支えがどうしても必要になります。
しかし現状がこのまま続いて行けば、お年寄りをお世話する若者が居なくなり、お年寄りは安心して長生きできなくなってしまいます。

折角長生きしたとしても、安心して老後を過ごせないのでは、長生きする意味がなくなってしまいます。
ですからお年寄りに安心して長生きしてもらう為に、一刻も早く少子化を解消しなければいけないのです。

ですが少子化問題は一朝一夕で解消できる問題とは言えず、決定的な打開策が見つかっていないのが現状であり、お年寄りが増えれば医療費も増加しますから、その医療費を支えるためにも若い人の力が必要になります。

お年寄りに長生きして良かったと思える社会にするために、少子化問題は何としても解決しなくてはいけないのです。

Leave a Comment

Filed under 問題点

高齢化社会の隠れた問題点

一般的に高齢化社会の問題点というと、社会保障であるとか、介護関係の問題を連想される方が多いかと思われます。しかし高齢化社会で発生する問題はそれだけに留まりません。今回はその中でも、あまり扱われることの少ないものを取り上げていきたいと思います。

高齢化社会では、文字通り高齢の方の数が増えていくため、高齢者の発言力が高まっていきます。そうすると政治家や大企業などは高齢者の意見を重視するようになり、本来社会を引っ張って行くはずの中高年や若年層の意見がないがしろされてしまうという問題がでてきてしまうのです。このことにより、中高年や若年層は高齢者に対し悪印象を持つことが多くなる可能性があります。また高齢者は高齢者で中高年や若年層に対し、自分たちの時代はこうであったのにと、悪印象を持つことにもなります。

高齢者は自らの利益を求め、中高年や若年層は高齢者中心の社会に疑問や不満を持つようになる、このような現象が発生すると、やがて中高年や若年層は溜まった鬱憤を晴らすために、高齢者を迫害するという恐ろしい事態も引き起こしかねません。
またこのような高齢者と中高年・若年層間に精神的対立が発生しなかったとしても、高齢者中心の社会には様々な問題点があります。

高齢者中心の社会におけるデメリットの最たるものの一つとして経済力の低下があげられます。
高齢者中心の社会では、よく言えば伝統的な、悪く言えば前時代的な古臭いイデオロギーが存在し続けることになるため、刻一刻と変化していく国際情勢に対応するだけの柔軟性が失われ、そのことにより日本の経済市場は狭まってしまうのです。

またそれが原因で失業者が増加し、政府は更なる課題に対応することを余儀なくさせられる事態も想定されます。
以上のように、高齢化社会には様々な問題があげられますが、私たちが為すべきことは想定される問題の数々に絶望することでなく、その問題一つ一つの解決策を地道に考え続けることなのではないでしょうか?

Leave a Comment

Filed under 高齢化社会

少子化

総人口に対する子どもの割合が低下する少子化。これによりもたらされる経済的、社会的影響は凄まじく、そう遠くない将来この国に致命的な打撃を与えるのは間違いありません。

そうならない為にも、少子化のメカニズムについて学んでいきましょう。
 まずは少子化の原因についてです。これには晩婚化、非婚化、晩産化が大きく影響していると考えられています。その背景にあるのは、戦後の男女平等の広まりによる女性の高学歴化、それに伴う女性の社会進出による経済的、社会的自立です。つまり女性目線に立った時、結婚における経済的メリットが少なくなり、結婚そのものの魅力が低下したのです。さらに、現在の社会システムでは多くの女性が仕事か育児のどちらかを選択しなければいけなかったり、育児そのものに対する不安なども、結婚を躊躇してしまう原因となっているのでしょう。

 また、核家族化や地域共同体の解体が進んだ結果生じる「育児の不安や悩みを相談したり、話を聞いてくれる人がいない」という問題も、少子化をもたらす背景となってしまっているのです。
 したがって、少子化を解消する為にまずやるべきことは、支え合いに基づいた社会システムを構築することです。支え合いとは、地域、企業、医療、保育、保健、福祉が一体となり総括的に子育てを支援していくシステムのことです。そのためには従来の社会システムを抜本的に見直す必要があります。また、それに伴って、介護系の資格を取ろうとする若者も増加してきています。

 具体的には、今の画一化された保育サービスではなく、必要な時に、必要な時間利用可能な多様化した保育サービスを目指すべきでしょう。そのためにはまず、需要の多い0歳から2歳の子どもを受け入れる保育所を増設したり、延長保育や休日保育、企業内に託児施設を整備することが必要です。そして地域では、経験豊富な高齢者の手を借り、育児相談や子育て支援サービスを行うことで、育児に不安を持つ母親を支えていきましょう。

 以上のように、少子化という問題に対しては、地域で支え合う社会システムの構築が急務です。しかしこれは昨日今日始めてすぐに達成できるものではありません。国民が手を取り合い、一丸となって臨まなければならない国家プロジェクトと言っても過言ではないのです。少子化を解消できれば、必ずや明るい未来が私たちを待っているはずです。

Leave a Comment

Filed under 高齢化社会